ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子ども政策課 > Q42.つい たたいてしまいます。

Q42.つい たたいてしまいます。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月1日更新

たたくのはよくないと思っているのですが、悪さをしたり、ぐずりがひどい時などついたたいてしまうのです。

A42.感情を抑える自分なりの方法を見つけてみましょう。

大人から見たら、いたずらと思えるようなことや遊びも、探究心や好奇心のあらわれで、子どもの成長にとっては大事なことです。たたく行為は、子どもが萎縮するだけで、なぜたたかれるのか子どもは理解できません。
どうしていけないのかを子どもと向き合って、ことばで具体的に話してあげましょう。
子育てサロンやサークルなどに出かけ、子どもと一緒にリフレッシュしてみてはどうでしょう。カッとして手が出そうになった時は、一度深呼吸したり、その場から離れ水を飲んだりなどして、気持ちを静めて接してみましょう。
怒りの予防法として十分に睡眠をとり疲れすぎないようにする。なるべく外に出かける。家族等に子どもを預けリフレッシュするのもいいでしょう。